カスティーリャ・ラ・マンチャ州


ラ・マンチャと言えば風車!

Castilla-La Mancha 概要

カスティーリャ・ラ・マンチャ州はスペイン中央部に位置するスペインの自治州です。

風が強く、セルバンテスのドン・キホーテに出てくる風車の舞台やラマンチャ・チーズでも知られます。

人口は200万人強で、スペインで9番目。5県で構成され、州都は古都トレドです。


地理
古都トレド

Geography

中央メセタという広大な台地に位置し、面積の約80%が標高1000m超えです。

面積はスペインの州で3番目。ドン・キホーテに出てくるような、どこまでも続く平原が特徴です。



イベリア半島でスペイン最長のタホ川が流れます。


気候
トレドを囲むタホ川

Climate

大陸性地中海気候です。冬は寒さが厳しく、零度を下回ることも多いです。1月の平均気温は6度です。

夏は30度超えが多いですが、夏でも平均18度を超えない地域もあります。1日の寒暖差も激しいのが特徴です。

降雨は少なく、乾燥した土地です。


歴史
トレドのカテドラル

History

カスティーリャ・ラ・マンチャの重要な歴史は州都のトレドに集中します。 西ゴート王国がイベリア半島を支配したあと、560年にトレドが西ゴート王国の首都となりました。

イスラムの小国タイファのひとつトレド王国の時代にも、文化的に繁栄しました。

レコンキスタでキリスト教徒が土地と取り戻した後から現在まで、トレドがスペインの首座大司教座となっています。


世界遺産
トレドのカテドラル

World Heritage

【文化遺産】

  • 古都トレド
  • 歴史的城壁都市クエンカ
  • イベリア半島の地中海入り江のロック・アート(6州合同)
  • 水銀関連遺産:アルマデンとイドリア(スロベニアと合同)

【自然遺産】
  • カルパチア山脈とヨーロッパ地域の古代及び原生ブナ林(スペイン4州&他国合同)

【無形遺産】
  • タラベラ・デ・ラ・レイナとプエンテ・デル・アルソビスポの陶器の伝統手法


郷土料理
絶対みんな好きな、にんにくスープ

Cuisine

  • Migas manchegas (Migas ruleras) ミガス
  • Pisto manchego ピスト
  • Sopa de ajo (Sopa castellana) にんにくスープ
  • Caldereta manchega 肉類の煮込み
  • Perdiz a la toledana ヤマウズラ
  • Codornices en escabeche ウズラ
  • Gazpacho manchego スープじゃなく冬の肉料理
  • など。



特産物・名物

Products

  • Queso manchego マンチェゴ・チーズ
  • Miel de La Alcarria ハチミツ
  • Mazapán de Toledo トレドのマジパン
  • Azafrán de la Mancha サフラン
  • 金銀細工の伝統工芸品 ダマスキナード
  • Navaja 刀、剣
  • Cerámica de Talavera de la Reina タラベラ・デ・ラ・レイナの陶器