アンダルシア州


Andalucia 概要

アンダルシア州はスペイン最南部の州です。面積(87268k㎡)はスペインではカスティーリャ・イ・レオン州に次ぐ広さ。 ベルギー、オランダ、スイスの2倍以上にあたリます。広大な面積も関係し人口の多さはスペイントップ(約785万人)。州都はセビーリャ。

イスラムの影響を最も色濃く残し、太陽、白い村、パティオ(中庭)、ひまわり、フラメンコ、闘牛と、スペインに対する日本人のイメージぴったりの地方です。


地理

Geography

西がポルトガルと接しています。地中海の海岸線は約900km。

ジブラルタル海峡を挟んで対岸のアフリカ大陸はわずか10数キロの距離。

シエラ・ネバダのムラセン山はイベリア半島の最高峰(3482m)。ベレタ山(3392m)も4番目。グアダルキビルが主要な川です。


気候

Climate

地中海性気候。大部分で年間300日が晴れ。コスタデルソル=太陽海岸の名を持つ南国らしい気候です。雨量は極端で、グラサレマ山脈の年間雨量2138mmはイベリア半島で最も多く、 ガタ岬は欧州で最も少なく年間117mmです。土地の50%が山で、3分の1が標高600メートル以上の台地です。

8月は暑いですが、グラナダ山脈とハエンの冬は厳しく1月平均気温6.5度。シエラ・ネバダでスキーを楽しんだ後、ビーチで太陽を楽しむ体験が可能な土地です。


歴史

History

アンダルシア歴史上、最も大きな出来事は711年イスラム教徒の侵入です。イスラム教徒との長い共存の時代にコルドバは後ウマイヤ朝の首都として栄華を誇り、グラナダにはイベリア半島最後の イスラム王朝ナスル朝がありました。

またコロンブスが出航した土地でもあり、その後150年に渡って新大陸貿易の恩恵にあずかりました。


世界遺産

World Heritage

【文化遺産】

  • コルドバ歴史地区
  • グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区
  • セビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館
  • ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群
  • イベリア半島の地中海入り江のロック・アート(6州合同)
  • カリフ都市ザルファー宮殿(メディナ・アサーラ) コルドバ郊外
  • アンテケラのドルメン遺跡

【自然遺産】
  • ドニャーナ国立公園

【無形遺産】
  • フラメンコ
  • コルドバのパティオ祭り


郷土料理
オレンジ色のサルモレホ。ガスパチョに似た夏のスープで、コルドバ生まれ。

Cuisine

  • Gaspacho ガスパチョ
  • Salmorejo サルモレホ
  • Ajoblanco 冷たいアーモンドスープ
  • Pescaíto frito 小魚のフライ
  • Migas ミガス
  • Tortilla de camarones 桜エビのトルティ-リャ
  • Rabo de Toro オックステール
  • Sangría サングリア
  • など。街によって郷土料理は変わります



特産物・名物
マラガの干しブドウは粒も大きく見るからに美味しそうです!

Products

  • vino dulce de Málaga マラガのデザートワイン
  • Jerez シェリー酒
  • Jamón de Trevélez 生ハム
  • Vinagre de Jerez シェリー酒ビネガー
  • Pasas de Málaga マラガの干しブドウ
  • Aceite de olivos オリーブオイル
  • Aceituna Aloreña de Málaga オリーブの実
  • Jamón de Serón, Jamón de Trevélez 生ハム
  • Polvorones de Estepa, Mantecados de Estepa
  • Mojama まぐろの燻製