バスク州


ビルバオのグッゲンハイム美術館

Pais Vasco 概要

バスク州(エウスカディ)はスペイン北部の自治州です。 面積7234k㎡。 人口は222万人を超え、スペイン第7位。重工業が発達し、スペイン経済の重要な担い手です。

州都はありませんが、議会がある事実上の州都はビトリア=ガスティス。一番人口が多いのはビルバオです。3県で構成されます。

独自の言語、文化、スポーツ、習慣が発達し、美食の地方として知られます。


地理
サン・セバスティアンのコンチャ海岸はスペイン北部で最も有名な海岸です

Geography

地理では北にビスケー湾とピレネー山脈があり、フランスと隣接しています。

東西に並行する2本の山脈があり、ビスケー湾に面した北部の「大西洋岸」、エブロ川流域にあたる南部の「エブロ谷」、両者の中間に当たる中部の高原地帯に分けられます。

バスク海岸にはリアス式海岸が多く、避暑地となったビスケー湾などには浜辺があります。

バスク自治州の最高峰は Aitzkorri自然公園内にあるAitzkorri (1551 m)です。


気候
サン・セバスティアンのイゲルド山からの眺め

Climate

複雑な地形から、大西洋性気候から内陸性気候など、地方によって違うタイプに分かれます。 全体に雨が多い地方で、スペインでは3番目。冬は暖かく、夏は気温があまりあがりません。


歴史
オンダリビアのパラドール

History

もとはナバラ王国の一部でした。フランコ政権下ではバスク語の使用が禁止されましたが、バスクのアイデンティティーを守ってきた地方です。 < 分離独立を求めるETAという組織はテロリズムを繰り返し、2006年に「恒久的な休戦」を宣言するまでの38年間に800人以上のスペイン人死者を出しました。その後、 バラハス空港爆破事件を起こしたりしましたが、2018年には解散声明を出しました。


世界遺産
世界遺産のビスカヤ橋は今も立派な市民の足

World Heritage

【文化遺産】

  • ビスカヤ橋
  • アルタミラ洞窟と北スペインの旧石器時代の洞窟画(3州合同)
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミーノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群(8州合同)


バスク独特のスポーツ
バスク独自のスポーツの人形

Sports

「バスク人と言えばベレー帽とペロタ・バスカ」の言葉通り、スカッシュに似た球技ペロタはバスク人を熱狂させるギャンブル競技の1つです。

毎日の農作業から生まれた競技も各地の祭りで人気です。草刈り競争、切り株を斧で割る競争、100-200キロの石を持ち上げる力比べ、2頭ずつの牛が3トンの石をひきずって運ぶ競争などを、 見物人はギャンブルをしながら楽しみます。

(昔の観光局のパンフより)


郷土料理
バスクのピンチョスは芸術品です!

Cuisine

バスクと言えばピンチョス!ミニパンにおかずと串が刺さったオープンサンド型のおつまみ。今では串なしお皿タイプもあります。バスクのピンチョスは凝った一品料理と言えるほどの芸術品です!

  • kokotxa en salsa verde ココーチャ(メルルーサの顎肉)
  • Bacalao al pil-pil タラのピルピルソース
  • Marmitako マルミタコ(マグロかカツオの煮込み)
  • Porrusalda ネギのスープ煮
  • Calamares en su tinta イカ
  • Guildas オリーブとトウガラシの実の酢漬け
  • Goxua クアハーダ
  • など。街によって郷土料理は変わります



特産物・名物
バスク帽=バスク・ベレー。老舗でもシンプルなものはお値段も高すぎません

Products

  • Txakoli (Chacolí)チョコリ バスクの白ワイン
  • Sagardo (Sidra) シードル
  • Tarta de queso バスクチーズケーキ
  • Queso Idiazabal イディアサバル・チーズ
  • Guindillas de Ibarra トウガラシの一種
  • Txapela(boina vasca)バスク帽
  • Tejas y cigarrillos de Tolosa お菓子
  • Euskal Ogia パン
  • txistu 3つの穴の笛