アストゥリアス州


Principado de Asturias 概要

アストゥリアス州はスペイン北部の自治州です。レコンキスタ発祥の地。この地方の称号は歴代のスペイン皇太子の称号に使われています。

険しい地形のために美しい自然が残ります。イベリア半島の最後の秘境とされた場所で、スポーツも楽しめる場所です。

観光としては世界遺産のプレ・ロマネスク教会群が目玉です。古代洞窟や、ガリシア同様にオレオ(高床式の穀物倉庫)が見られます。


地理

Geography

カンタブリア海に面し、東はカンタブリア、西はガリシア、南はカスティーリャ・イ・レオン州と接します。海岸線は起伏が多く海岸洞窟も見られます。内陸は険しい山地です。

州境のカンタブリア山脈にはPicos de Europa山脈があり、最高峰は2648mのトレセレド山。一帯はアストゥリアス、カンタブリア、カスティーリャ・イ・レオンの3州にまたがる ピコス・デ・エウロパ国立公園です。

昔はオビエド県でしたが、今はアストゥリアス県。1県1州。ヒホンとオビエドに人口が集中しています。


気候

Climate

山岳地帯をのぞいて海洋性気候です。夏の平均気温は20度と過ごしやすい一方、湿度があります。

雨は年間よく降り、「緑のスペイン」と呼ばれます。年間降水量は900mmで、内陸ほど増えます。アストゥリアスの海岸はcosta Verde(緑の海岸)。

内陸の山地では11月から5月まで雪が降ります。霧の発生も多いです。


歴史

History

8世紀初頭にスペインはイスラム勢力に征服されていきますが、718年頃に伝説的な王ペラーヨがコバトンガの戦いで初めてイスラム軍を破りました。 この勝利がレコンキスタ(国土回復運動)のスタートとされます。アストゥリアス王国はカンガス・デ・オニス、のちにオビエドを首都とし、10世紀にレオンに遷都してレオン王国となりました。

地方の称号「アストゥリアス公」(Príncipe de Asturias)は、カスティーリャ王国やスペイン王国の王位継承者の称号で、現在も続いています。


世界遺産

World Heritage

【文化遺産】

  • オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群
  • アルタミラ洞窟と北スペインの旧石器時代の洞窟画(3州合同)
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミーノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群(8州合同)


郷土料理
Fabes con almejas アサリと白インゲン豆の煮込み料理

Cuisine

  • Fabada 白インゲン豆
  • Pote asturiano
  • Cachopo asturiano
  • Caldereta 魚介類のブイヤーベース
  • DO チーズ (Afuega’l Pitu,Cabrales,Casín,Gamonéu)カブラレスなどのチーズ
  • PASTEL DE CABRACHO
  • CHORIZO A LA SIDRA
  • Sidra シードル(リンゴ酒)
  • Arroz con leche ライス・プディング



特産物・名物

Products

  • Sidra シードル
  • Chorizo asturiano チョリソ
  • Orujo de hierbas o mielハーブやハチミツのオルッホ
  • Madreñas 木靴
  • Cerámicas de Llamas del Mouro y Faro 黒い陶器
  • Cuchillería de Taramundi タラムンディのナイフ
  • Amuletos de azabache お守り
  • カスタネット
  • バグパイプ