+ スペイン旅行♪ドドンデ.コム dodonde.com +                   

+ アストゥリアス地方 / Asturias +

スペイン旅行はドドンデ・コム dodonde.com

Principado de Asturias

アストゥリアス州はスペイン北部の自治州です。レコンキスタ発祥の地。

険しい地形のために美しい自然が残ります。イベリア半島の最後の秘境とされた場所で、スポーツも楽しめる場所です。

ガリシア同様、オレオ(高床式の穀物倉庫)がいたるところで見られます。



Geography

カンタブリア海に面しており、東はカンタブリア地方、西はガリシア地方、南はカスティーリャ・イ・レオン地方と 接しています。海岸線は起伏が多く、内陸は険しい山地です。海岸には海岸洞窟も見られます。

州境のカンタブリア山脈にはPicos de Europa(ヨーロッパの山頂)と呼ばれる山脈があり、最高峰は2648mのトレセレド山です。この地域は、アストゥリアス、カンタブリア、 カスティーリャ・イ・レオンの3州にまたがるピコス・デ・エウロパ国立公園として保護されています。

昔はオビエド県でしたが、今ではアストゥリアス県。 1県1州で構成されています。。
人口はヒホン、オビエドの2都市に集中しています。



Climate

山岳地帯をのぞいて海洋性気候です。夏の平均気温は20度と、過ごしやすい地方ですが、湿度があります。

雨は季節にかかわらず、よく降ります。年間降水量は900mmで、内陸にいくにつれ増えます。それゆえ緑が多く、「緑のスペイン」と呼ばれます。アストゥリアスの海岸はcosta Verde(緑の海岸)。

内陸の山地では11月から5月まで雪が降ります。



History

8世紀初頭にイスラム勢力に征服されますが、718年ごろに伝説的な王ペラーヨがコバトンガの戦いで初めてイスラム軍を破ったとされます。この勝利がレコンキスタ(国土回復運動)の出発点と見なされています。 アストゥリアス王国はカンガス・デ・オニス、のちにオビエドを首都とし、10世紀にレオンに遷都してレオン王国となりました。

この地方の称号「アストゥリアス公」(Príncipe de Asturias)は、カスティーリャ王国やスペイン王国の王位継承者の称号となり、現在の皇太子まで続いています。



Shopping

Llamas de MouroやFaroの黒の民族陶器。スペイン陶器には珍しくアラブの影響が皆無で、仕上げ、形ともにケルト文化の要素が濃いものです。

木靴、カスタネット、バグパイプ、タラムンディのナイフは良いお土産になります。



Gastronomy

・アストゥリアスといえばファバダ(fabada)です。大粒の白いんげんに、モルシーリャ(血のソーセージ)、豚肉、ロンガニサ・ソーセージなどを入れて煮込んだ料理。1人前で、2-3人で食べるので十分です。

Caldereta。魚介類のブイヤーベース風のお料理。ヒホン付近で食べます。

perecebes (エボシガイの一種)、などの魚介類。

お酒はシードラ。アルコール度は4-6度。独特の注ぎ方は必見です。
<br>山岳地帯はチーズが有名で、カブラレスはブルーチーズの大様。本恩はカウbラレス村の洞窟で熟成されます。



情報はwikipediaと、昔、日本のスペイン観光局からもらったアストゥリアスのパンフレット(日本語)から抜粋して紹介しています。


Home /  >>
▲このページの最上部へ飛ぶ!!